Windows Update 通知を受信すると、フリーズ発生するような気がする。「sfc /SCANNOW」で「Windows リソース保護は、整合性違反を検出しませんでした。」と表示されるもフリーズ発生(2019/7/12)

Windowsフリーズトラブル 2019年

目次一覧

 状態:-  閲覧数:1,082  投稿日:2019-07-11  更新日:2019-07-12
ファイルの整合性に異常があるかどうかの確認をする / 比較的よく使用すると思われるコマンド一覧 / dism /?

Dism /Online /Cleanup-Image /CheckHealth / Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth / Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth

sfc /? / sfc /scannow / 翌朝(2019/7/12)

「sfc /scannow」実行するも途中でフリーズ /「sfc /scannow」実行。他作業は何も実行しない / 「Windows Updateの更新プログラムのチェック」を手動でも実行しておく

ファイルの整合性に異常があるかどうかの確認をする / 比較的よく使用すると思われるコマンド一覧 / dism /?

 閲覧数:147 投稿日:2019-07-11 更新日:2019-07-12 

ファイルの整合性に異常があるかどうかの確認をする


DISM.exe
Windowsのシステムイメージの破損の確認、修復を行うことができる

DISM.exeの実行方法
・Windows PowerShell 起動する
・起動する方法は2種類ある

Windows PowerShell を(管理者)として起動する方法A
・左下のWindowsマークを右クリック
・「Windows PowerShell(管理者)」をクリック
・「ユーザーアカウント制御」で「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と聞かれたら「はい」をクリックする
→ PowerShellが起動

Windows PowerShelll を(管理者)として起動する方法B
・左下のWindowsマークを左クリック
・「Windows PowerShell」を左クリック
・プルダウンされた「Windows PowerShell」を右クリック
・「管理者として実行」をクリック
→ PowerShellが起動

Windows PowerShell
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

新しいクロスプラットフォームの PowerShell をお試しください https://aka.ms/pscore6

PS C:\WINDOWS\system32>


比較的よく使用すると思われるコマンド一覧


DISMの「/Online」
LAN接続のことではない

ログ
▼C:\Windows\Logs\CBS\CBS.log

比較一覧表
コマンド 内容 修復
sfc /? ヘルプを見る しない
sfc /scannow システムファイルが不正に置き換えられていなかチェック(整合性違反の確認)して、可能なら元のファイルに戻す ローカルにバックアップされたファイルから置き換えて元に戻す
dism /? ヘルプを見る しない
Dism /Online /Cleanup-Image /CheckHealth 破損フラグが立っているかだけ確認する。実際のチェックは行わないため、コマンドはすぐに終了する。あまり意味がないコマンド しない
Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth システムイメージが破損していなかチェックする。
システムイメージのチェックをするが修復しない。数分かかる
しない
Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth システムイメージのチェックを実行して破損していた場合はWindows Updateから入手して修復する。数分かかる Windows Updateから修復

dism /?


ヘルプを見る
dism /?
展開イメージのサービスと管理ツール
バージョン: 10.0.18362.1


DISM.exe [dism_options] {Imaging_command} [<イメージング引数>]
DISM.exe {/Image:<オフライン イメージのパス> | /Online} [dism_options]
        {servicing_command} [<サービス引数>]

説明:

 DISM は、Windows イメージの機能とパッケージを列挙、インストール、
 アンインストール、構成、および更新します。使用できるコマンドは、サービス
 するイメージによって、またイメージがオフラインか実行中かによって異なります。


汎用イメージング コマンド:

 /Split-Image            - 既存の .wim ファイルを複数の読み取り専用の
                           分割 WIM (SWM) ファイルに分割します。
 /Apply-Image            - イメージを適用します。
 /Get-MountedImageInfo   - マウントされた WIM および VHD イメージに関する
                           情報を表示します。
 /Get-ImageInfo          - WIM、VHD、または FFU ファイル内のイメージに関する情報を
                           表示します。
 /Commit-Image           - マウントされた WIM または VHD イメージへの変更を
                           保存します。
 /Unmount-Image          - マウントされた WIM または VHD イメージのマウントを
                           解除します。
 /Mount-Image            - WIM または VHD ファイルからイメージをマウント
                           します。
 /Remount-Image          - 孤立したイメージ マウント ディレクトリを回復します。
 /Cleanup-Mountpoints    - マウント済みの破損したイメージに関連付けられ
                           ているリソースを削除します。

WIM コマンド:

 /Apply-CustomDataImage  - カスタム データ イメージに含まれているファイルを退避します。
 /Capture-CustomImage    - カスタマイズを WIMBoot システム上のデルタ WIM
                           ファイルにキャプチャします。キャプチャされる
                           ディレクトリには、すべてのサブフォルダーとデータが
                           含まれます。
 /Get-WIMBootEntry       - 指定したディスク ボリュームの
                           WIMBoot 構成エントリを表示します。
 /Update-WIMBootEntry    - 指定したディスク ボリュームの
                           WIMBoot 構成エントリを更新します。
 /List-Image             - 指定したイメージ内のファイルとフォルダーの一覧を
                           表示します。
 /Delete-Image           - 指定したボリューム イメージを、複数のボリューム
                           イメージがある WIM ファイルから削除します。
 /Export-Image           - 指定したイメージのコピーを別のファイルにエクスポート                            します。
 /Append-Image           - 別のイメージを WIM ファイルに追加します。
 /Capture-Image          - ドライブのイメージを新しい WIM ファイルに
                           キャプチャします。
                           キャプチャされるディレクトリには、すべての
                           サブフォルダーとデータが含まれます。
 /Get-MountedWimInfo     - マウントされた WIM イメージに関する情報を表示します
 /Get-WimInfo            - WIM ファイル内のイメージに関する情報を表示します。
 /Commit-Wim             - マウントされた WIM イメージへの変更を保存します。
 /Unmount-Wim            - マウントされた WIM イメージのマウントを解除します。
 /Mount-Wim              - WIM ファイルからイメージをマウントします。
 /Remount-Wim            - 孤立した WIM マウント ディレクトリを回復します。
 /Cleanup-Wim            - マウント済みの破損した WIM イメージに関連付けられ
                           ているリソースを削除します。

FFU COMMANDS:

 /Capture-Ffu            - Captures a physical disk image into a new FFU file.
 /Apply-Ffu              - Applies an .ffu image.
 /Split-Ffu              - Splits an existing .ffu file into multiple read-only
                           split FFU files.

イメージの指定:

 /Online                 - 実行中のオペレーティング システムをターゲットに
                           します。
 /Image                  - オフライン Windows イメージのルート ディレクトリ
                           へのパスを指定します。

DISM オプション:

 /English                - コマンド ライン出力を英語で表示します。
 /Format                 - レポートの出力形式を指定します。
 /WinDir                 - Windows ディレクトリへのパスを指定します。
 /SysDriveDir            - BootMgr という名前のシステム ローダー ファイルへの
                           パスを指定します。
 /LogPath                - ログ ファイルのパスを指定します。
 /LogLevel               - ログに表示する出力レベルを指定します (1-4)。
 /NoRestart              - 自動再起動と再起動の確認要求を抑制します。
 /Quiet                  - エラー メッセージを除き、すべての出力を抑制します。
 /ScratchDir             - スクラッチ ディレクトリへのパスを指定します。

これらの DISM オプションおよびその引数の詳細については、オプションの
直後に /? を指定してください。

 例:
   DISM.exe /Mount-Wim /?
   DISM.exe /ScratchDir /?
   DISM.exe /Image:C:\test\offline /?
   DISM.exe /Online /?


PS C:\WINDOWS\system32>


Dism /Online /Cleanup-Image /CheckHealth / Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth / Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth

 閲覧数:132 投稿日:2019-07-11 更新日:2019-07-12 

Dism /Online /Cleanup-Image /CheckHealth


システムイメージをチェックする
・修復を行わない
・「/Online」はLAN接続のことではない
※すぐ終了する
Dism /Online /Cleanup-Image /CheckHealth
展開イメージのサービスと管理ツール
バージョン: 10.0.18362.1

イメージのバージョン: 10.0.18362.239

コンポーネント ストアが壊れていることは検出されませんでした。
操作は正常に完了しました。
PS C:\WINDOWS\system32>


Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth


システムイメージをチェックしてイメージが正常か、または破損していれば修復可能、修復不可能かどうかを表示する
・修復を行わない
・「/Online」はLAN接続のことではない
・時間がかかるが、検証が100%になるまでしばらく待つ
・検証が100%になってからも「PS C:\WINDOWS\system32>」が表示されるまでしばらく待つ

Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth
展開イメージのサービスと管理ツール
バージョン: 10.0.18362.1

イメージのバージョン: 10.0.18362.239

[==========================100.0%==========================] コンポーネント ストアは修復できます。
操作は正常に完了しました。
PS C:\WINDOWS\system32>


Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth


システムイメージのチェックを実行
破損していた場合はWindows Updateから入手して修復する
Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth
展開イメージのサービスと管理ツール
バージョン: 10.0.18362.1

イメージのバージョン: 10.0.18362.239

[==========================100.0%==========================] 復元操作は正常に完了しました。
操作は正常に完了しました。
PS C:\WINDOWS\system32>


sfc /? / sfc /scannow / 翌朝(2019/7/12)

 閲覧数:141 投稿日:2019-07-12 更新日:2019-07-12 

sfc /?


ヘルプを見る
sfc /?
Microsoft (R) Windows (R) Resource Checker Version 6.0
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

すべての保護されたシステム ファイルの整合性をスキャンして、間違ったバージョンを
正しい Microsoft バージョンに置換します。

SFC [/SCANNOW] [/VERIFYONLY] [/SCANFILE=<ファイル>] [/VERIFYFILE=<ファイル>]
   [/OFFWINDIR=<オフライン Windows ディレクトリ> /OFFBOOTDIR=<オフライン起動ディレクトリ> [/OFFLOGFILE=<ログ ファイルのパス>]]

/SCANNOW        すべての保護されたシステム ファイルの整合性をスキャンして、
               可能な場合には問題のあるファイルを修復します。
/VERIFYONLY     すべての保護されたシステム ファイルの整合性をスキャンします。
               修復操作は実行されません。
/SCANFILE       参照されたファイルの整合性をスキャンして、問題が識別された
               場合はファイルを修復します。完全パス <ファイル> を指定します
/VERIFYFILE     <ファイル> で指定された完全パスを持つファイルの整合性を確認
               します。修復操作は実行されません。
/OFFBOOTDIR     オフライン修復の場合は、オフライン起動ディレクトリの場所を指定します。
/OFFWINDIR      オフライン修復の場合は、オフライン Windows ディレクトリの場所を指定します。
/OFFLOGFILE     オフライン修復の場合は、オプションでログ ファイルのパスを指定してログを有効にします。



       sfc /SCANNOW
       sfc /VERIFYFILE=c:\windows\system32\kernel32.dll
       sfc /SCANFILE=d:\windows\system32\kernel32.dll /OFFBOOTDIR=d:\ /OFFWINDIR=d:\windows
       sfc /SCANFILE=d:\windows\system32\kernel32.dll /OFFBOOTDIR=d:\ /OFFWINDIR=d:\windows /OFFLOGFILE=c:\log.txt
       sfc /VERIFYONLY
PS C:\WINDOWS\system32>


sfc /scannow


保護されているすべてのシステムファイルをスキャン
破損したファイルがあった場合は「C:\Windows\System32\dllcache」の圧縮フォルダにあるキャッシュコピーから復元する
sfc /scannow
システム スキャンを開始しています。これにはしばらく時間がかかります。

システム スキャンの検証フェーズを開始しています。
検証 100% が完了しました。

Windows リソース保護により、破損したファイルが見つかりましたが、それらは正常に修復されました。
オンライン修復の場合、詳細は次の場所にある CBS ログ ファイルに含まれています
windir\ Logs\CBS\CBS.log (たとえば C:\Windows\Logs\CBS\CBS.log)。オフライン修復の場合、
詳細は /OFFLOGFILE フラグによって指定したログ ファイルに含まれています。
PS C:\WINDOWS\system32>


「破損したファイルを検出し、正常に修復しました。」と表示された場合は?
修復されている

▼C:\Windows\Logs\CBS\CBS.log 抜粋
2019-07-11 23:44:29, Info                  CSI    00000295 [SR] Beginning Verify and Repair transaction
2019-07-11 23:44:29, Info                  CSI    00000296 Hashes for file member [l:27]'MSFT_MpComputerStatus.cdxml' do not match.
Expected: {l:32 ml:33 b:250a58b9ec6c327e7d165cecbdbae0b1fdca203cd342dba12616527b47a44486}.
Actual: {l:32 b:0baf398e2c5be6b04c2520c8dab53469327d092aebad9d6f4b46055b47342ff0}.
2019-07-11 23:44:29, Info                  CSI    00000297 [SR] Repairing corrupted file \??\C:\WINDOWS\System32\WindowsPowerShell\v1.0\Modules\Defender\\MSFT_MpComputerStatus.cdxml from store
2019-07-11 23:44:29, Info                  CSI    00000298 Hashes for file member [l:19]'MSFT_MpThreat.cdxml' do not match.
Expected: {l:32 ml:33 b:ae595236832a3884d2aa3f913454ac6ff4c735f55e819c7f391c94b653281f92}.
Actual: {l:32 b:041682c406c44fddb981da12eb58f767ff4dc73c7422a04649153acd691ade61}.
2019-07-11 23:44:29, Info                  CSI    00000299 [SR] Repairing corrupted file \??\C:\WINDOWS\System32\WindowsPowerShell\v1.0\Modules\Defender\\MSFT_MpThreat.cdxml from store
2019-07-11 23:44:30, Info                  CSI    0000029a Hashes for file member [l:26]'MSFT_MpThreatCatalog.cdxml' do not match.
Expected: {l:32 ml:33 b:106d459542c3ec7dd9b7e545d74a4a98f0ad74c7db6a1333cfcd9168e2a3c076}.
Actual: {l:32 b:ffe22f9bf09d29ddc933538ce291768bacac3629b02246ed72038ac7abf7cf3d}.
2019-07-11 23:44:30, Info                  CSI    0000029b [SR] Repairing corrupted file \??\C:\WINDOWS\System32\WindowsPowerShell\v1.0\Modules\Defender\\MSFT_MpThreatCatalog.cdxml from store
2019-07-11 23:44:30, Info                  CSI    0000029c Hashes for file member [l:28]'MSFT_MpThreatDetection.cdxml' do not match.
Expected: {l:32 ml:33 b:a19bf000eb950ddd8438c30562c0fa6f3c0848432f55a219ef3d79b302aa6cf1}.
Actual: {l:32 b:07702ba3ad0f6c4aa4c8cef7156e45002a2529b6cf4873a4c0146237267ba4de}.
2019-07-11 23:44:30, Info                  CSI    0000029d [SR] Repairing corrupted file \??\C:\WINDOWS\System32\WindowsPowerShell\v1.0\Modules\Defender\\MSFT_MpThreatDetection.cdxml from store
2019-07-11 23:44:30, Info                  CSI    0000029e Hashes for file member [l:23]'MSFT_MpPreference.cdxml' do not match.
Expected: {l:32 ml:33 b:8861d55dd84b45902d2fbd8f73fd663be669f589105ce656000b77496ece0de6}.
Actual: {l:32 b:22454077de87f1cb3bff79e0acf51befbf929c31231f8c780fb9f254825f97ad}.
2019-07-11 23:44:30, Info                  CSI    0000029f [SR] Repairing corrupted file \??\C:\WINDOWS\System32\WindowsPowerShell\v1.0\Modules\Defender\\MSFT_MpPreference.cdxml from store
2019-07-11 23:44:30, Info                  CSI    000002a0 Hashes for file member [l:17]'MSFT_MpScan.cdxml' do not match.
Expected: {l:32 ml:33 b:a27630566684ee79af41ac68dc70bbdbffc968b2489aa16be0d0fa0e0eccf0c8}.
Actual: {l:32 b:905248df4310b3bfe79b60dfe69b82517b81c16864e2e12677c50f6a66ca0459}.
2019-07-11 23:44:30, Info                  CSI    000002a1 [SR] Repairing corrupted file \??\C:\WINDOWS\System32\WindowsPowerShell\v1.0\Modules\Defender\\MSFT_MpScan.cdxml from store
2019-07-11 23:44:30, Info                  CSI    000002a2 Hashes for file member [l:20]'MSFT_MpWDOScan.cdxml' do not match.
Expected: {l:32 ml:33 b:80ddeca09c6c85cde406bd9352c24cb6ca58ab17062159713f0591c46fa7b9fd}.
Actual: {l:32 b:12f7403a57636e10490a52a2caf3010c56e0a86da83fda2c055e9534293039fb}.
2019-07-11 23:44:30, Info                  CSI    000002a3 [SR] Repairing corrupted file \??\C:\WINDOWS\System32\WindowsPowerShell\v1.0\Modules\Defender\\MSFT_MpWDOScan.cdxml from store
2019-07-11 23:44:30, Info                  CSI    000002a4 Hashes for file member [l:22]'MSFT_MpSignature.cdxml' do not match.
Expected: {l:32 ml:33 b:dbb84a0489a5dfeecb4e850412aabb72e725e5f89319d9e158a8baa9be6470da}.
Actual: {l:32 b:b4035789fec4e2e1ee3dd5e97a50a0cf5837308773d9ac1af3550f2ea04e9385}.
2019-07-11 23:44:30, Info                  CSI    000002a5 [SR] Repairing corrupted file \??\C:\WINDOWS\System32\WindowsPowerShell\v1.0\Modules\Defender\\MSFT_MpSignature.cdxml from store
2019-07-11 23:44:30, Info                  CSI    000002a6 Hashes for file member [l:13]'Defender.psd1' do not match.
Expected: {l:32 ml:33 b:1b1971fcbdc0abc871748d7409c696bb509c4ede12b0c748af0af96e629961b7}.
Actual: {l:32 b:f14df93d68e6a15f63c9602311c9393f50844ce2e6551238f6c620eab136f234}.
2019-07-11 23:44:30, Info                  CSI    000002a7 [SR] Repairing corrupted file \??\C:\WINDOWS\System32\WindowsPowerShell\v1.0\Modules\Defender\\Defender.psd1 from store
2019-07-11 23:44:30, Info                  CSI    000002a8 CSIPERF - FilePI Queue 394ms
2019-07-11 23:44:30, Info                  CSI    000002a9 [SR] Repair complete
2019-07-11 23:44:30, Info                  CSI    000002aa [SR] Committing transaction
2019-07-11 23:44:30, Info                  CSI    000002ab Creating NT transaction (seq 1)
2019-07-11 23:44:30, Info                  CSI    000002ac Created NT transaction (seq 1) result 0x00000000, handle @0xe08
2019-07-11 23:44:30, Info                  CSI    000002ad@2019/7/11:14:44:30.681 Beginning NT transaction commit...
2019-07-11 23:44:30, Info                  CSI    000002ae@2019/7/11:14:44:30.982 CSI perf trace:
CSIPERF:TXCOMMIT;301334
2019-07-11 23:44:30, Info                  CSI    000002af [SR] Verify and Repair Transaction completed. All files and registry keys listed in this transaction  have been successfully repaired
2019-07-11 23:46:53, Info                  CBS    Trusted Installer is shutting down because: SHUTDOWN_REASON_AUTOSTOP
2019-07-11 23:46:53, Info                  CBS    Maint: idle processing paused
2019-07-11 23:46:53, Info                  CBS    TiWorker signaled for shutdown, going to exit.
2019-07-11 23:46:53, Info                  CBS    CbsCoreFinalize: ExecutionEngineFinalize
2019-07-11 23:46:53, Info                  CBS    Execution Engine Finalize
2019-07-11 23:46:53, Info                  CBS    Execution Engine Finalize
2019-07-11 23:46:53, Info                  CBS    Lock: Lock removed: TiWorkerClassFactory, level: 30, total lock:3
2019-07-11 23:46:53, Info                  CBS    Lock: Lock removed: CCbsWorker, level: 5, total lock:2
2019-07-11 23:46:53, Info                  CBS    Ending the TiWorker main loop.
2019-07-11 23:46:53, Info                  CBS    Starting TiWorker finalization.
2019-07-11 23:46:53, Info                  CBS    CbsCoreFinalize: ExecutionEngineFinalize
2019-07-11 23:46:53, Info                  CBS    CBS Engine already deactivated
2019-07-11 23:46:53, Info                  CBS    CBS Engine already deactivated
2019-07-11 23:46:53, Info                  CBS    CbsCoreFinalize: ComponentAnalyzerFinalize
2019-07-11 23:46:53, Info                  CBS    CbsCoreFinalize: PackageTrackerFinalize
2019-07-11 23:46:54, Info                  CBS    CbsCoreFinalize: CoreResourcesUnload
2019-07-11 23:46:54, Info                  CBS    CbsCoreFinalize: SessionManagerFinalize
2019-07-11 23:46:54, Info                  CBS    Lock: Lock removed: CSIInventoryCriticalSection, level: 64, total lock:9
2019-07-11 23:46:54, Info                  CBS    Lock: Lock removed: CCbsSessionManager, level: 11, total lock:8
2019-07-11 23:46:54, Info                  CBS    CbsCoreFinalize: CapabilityManagerFinalize
2019-07-11 23:46:54, Info                  CBS    CbsCoreFinalize: PublicObjectMonitorFinalize
2019-07-11 23:46:54, Info                  CBS    CbsCoreFinalize: Enter vCoreInitializeLock
2019-07-11 23:46:54, Info                  CBS    CbsCoreFinalize: WcpUnload
2019-07-11 23:46:54, Info                  CSI    000002b0 Direct SIL provider: Number of files opened: 206535.
2019-07-11 23:46:54, Info                  CBS    CbsCoreFinalize: DrupUnload
2019-07-11 23:46:54, Info                  CBS    CbsCoreFinalize: CfgMgr32Unload
2019-07-11 23:46:54, Info                  CBS    CbsCoreFinalize: DpxUnload
2019-07-11 23:46:54, Info                  CBS    CbsCoreFinalize: SrUnload
2019-07-11 23:46:54, Info                  CBS    CbsCoreFinalize: CbsEsdUnload
2019-07-11 23:46:54, Info                  CBS    CbsCoreFinalize: CbsTraceInfoUninitialize
2019-07-11 23:46:54, Info                  CBS    CbsCoreFinalize: CbsEventUnregister
2019-07-11 23:46:54, Info                  CBS    CbsCoreFinalize: AppContainerUnload
2019-07-11 23:46:54, Info                  CBS    CbsCoreFinalize: WdsUnload, logging from cbscore will end.
2019-07-11 23:46:54, Info                  CBS    Ending TiWorker finalization.
2019-07-11 23:46:55, Info                  CBS    Ending the TrustedInstaller main loop.
2019-07-11 23:46:55, Info                  CBS    Starting TrustedInstaller finalization.
2019-07-11 23:46:55, Info                  CBS    Lock: Lock removed: WinlogonNotifyLock, level: 8, total lock:6
2019-07-11 23:46:55, Info                  CBS    Ending TrustedInstaller finalization.



外付けハードディスクバックアップ最中だったため、再起動せず就寝
これで直ったと思った

翌朝(2019/7/12)


Windowsは、またもやフリーズしていた
・「sfc /scannow」実行後、再起動していなかったから?

「sfc /scannow」実行するも途中でフリーズ /「sfc /scannow」実行。他作業は何も実行しない / 「Windows Updateの更新プログラムのチェック」を手動でも実行しておく

 閲覧数:238 投稿日:2019-07-12 更新日:2019-07-12 

「sfc /scannow」実行するも途中でフリーズ


念のため「sfc /scannow」再度実行
・途中でフリーズ
・外付けハードディスクバックアップを同時並行していたため?

「sfc /scannow」実行。他作業は何も実行しない


「sfc /scannow」再度実行
・他作業は何も実行しない
sfc /SCANNOW
システム スキャンを開始しています。これにはしばらく時間がかかります。

システム スキャンの検証フェーズを開始しています。
検証 100% が完了しました。

Windows リソース保護は、整合性違反を検出しませんでした。
PS C:\WINDOWS\system32>


「Windows Updateの更新プログラムのチェック」を手動でも実行しておく


1:左下のWindowsマーク⇒スタートメニューから歯車アイコンの「設定」の順に選択

2:Windowsの設定から「更新とセキュリティ」を選択

3:Windows Updateから「更新プログラムのチェック」ボタンを選択
正しくアップデートが出来ていれば「最新の状態です」と表示される


Windows Update によりPCがフリーズします。Windows 10 Viersion
DISM.exeとsfc /scannowでWindowsを修復する
dism.exe と sfc.exe の違い
システム ファイル チェッカー ツールを使用して不足または破損しているシステム ファイルを修復する
Windows 10 でシステム ファイル チェッカーを使う


不定期フリーズ発生個所を特定したい。タスクマネージャーを起動しておけば良いのでは? 試してみたが駄目だった 

SysMain を停止したが、フリーズ発生(2019/7/12)



類似度ページランキング
順位 ページタイトル抜粋
1 Windows10 不定期でフリーズ発生した原因は「HackTool:Win32/Keygen」かもしれない。違うかもしれない(2019/6/11→7/11) 39
2 Windows10のあるファルダについて。 ファイル数2でサイズ1.19MBなのに、「このフォルダーは空です」と表示されてしまう 36
3 Windows Search Indexerのインデックスの範囲をスタートメニューだけにしたが、フリーズ発生(2019/7/12) 36
4 Windows10 不定期でフリーズ発生トラブル(2019/6/7→6/8)。イベントビューアーで発生個所を特定しようとするも失敗に終わる 35
5 「Windows 10」で「ハードウェアの安全な取り外し」が表示されなくなる(選択出来なくなる)。恐らく「Windows Update」を実行したため 35
6 Windows10 不定期でフリーズ発生トラブル(2019/6/7)。イベントビューアーで発生個所を突き止めようとするも失敗に終わる 35
7 SysMain を停止したが、フリーズ発生(2019/7/12) 34
8 Windows10 で「ここに入力して検索」を非表示にするためには、タスクバーを右クリック後、[Cortana] - [表示しない] を選択 33
9 Windows10 不定期でフリーズ発生トラブル(2019/6/9)。フリーズ現象の調査で採取するダンプの種類は、「完全メモリダンプ」でないと有効な調査はできない 32
10 32
11 「Windows Media Player」でCDをどうしても取り込むことが出来ない場合は、CD裏面を綿棒で掃除する 32
12 「windows update このコンピューター上の更新プログラムを検索しています」10時間以上経過してもメッセージが変わらないためキャンセルしようとしたらキャンセルできない。フリーズしていた! 31
13 「Windows エクスプローラー」に表示されているフォルダ名を取得するためには、全選択後、 [Shift]を押しながら右クリックして、「パスのコピー」を選択 31
14 Windows 10 で「アンインストール実行したにも関わらずアプリが表示され続ける場合」に削除対応するための3つの方法 31
15 Windows10のWindows Defenderで「承認されていない変更がブロックされました」とのメッセージが頻繁に出るようになりました 31
16 Windows10で「空のドライブを表示しないようにする」ためには、 「フォルダーオプション」にて「空のドライブは表示しない」にチェックを入れる 30
17 動画を右90度回転(横動画を縦表示)させて再生するためには「VLC media player」を使用。「Windows Media Player」は回転未対応 30
18 Wiindows10 では、タスクバーのプレビュー機能を非表示にすることは出来ない 30
19 「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません。」は闇が深い。「FastCopy」「FINALDATA フォトリカバリー9.0 無料体験版」を試してみる。 30
20 「Windows エクスプローラー 表示が遅い」と感じたら、「クイックアクセス」機能を停止する。可能な場合は「全般」表示するよう変更する。 30
2021/4/11 9:18 更新
週間人気ページランキング / 4-4 → 4-10
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 MP3ファイルの「プロパティ」を変更できない | Windows 10(Windows) 113
2 Windows 0 76
3 「接点復活剤」「接点復活スプレー」は、100円ショップで販売されていない | イヤホン(ハードウェア) 53
4 「機能を構成しています 100%完了 コンピューターの電源を切らないでください」の画面が表示され続ける場合でも、1時間ぐらいは待った方が良いかも | 起動トラブル 2019年(Windows) 35
4 「コンテナー内のオブジェクトを列挙できませんでした」と表示される場合は、「Everyone にフルコントロール権限を与えて全て削除する」 | Windows 10(Windows) 35
5 ファイル名の一部(指定文字列)を削除するバッチファイル | バッチファイル(Windows) 31
6 タスクスケジューラ | Windows 10(Windows) 30
7 コンピューターは正しく構成されていますが、デバイスまたはリソース (DNS サーバー) が応答していません。 | ネットワーク 28
8 メモリ不足のため、この処理を完了できません | Windows 26
8 VLC media player で複数曲を「繰り返し連続再生する」ためには、プレイリスト全体をリピート再生指定する | VLC media player(ソフトウェア) 26
9 Windows10で「空のドライブを表示しないようにする」ためには、 「フォルダーオプション」にて「空のドライブは表示しない」にチェックを入れる | Windows 10(Windows) 22
10 コマンドプロンプトでchkdsk /B | ハードディスクトラブル(ハードウェア) 21
11 Xboxを使用していない場合、XblGameSaveを動作させる必要は全くない 17
11 Windows10 不定期でフリーズ発生トラブル(2019/6/9)。フリーズ現象の調査で採取するダンプの種類は、「完全メモリダンプ」でないと有効な調査はできない | フリーズトラブル 2019年(Windows) 17
12 Windows10でデスクトップにファイルを保存できない。ESPRIMO DH77 | Windows 10(Windows) 16
12 「みまもり合図」に関する疑問。2018年 | みまもり合図(ソフトウェア) 16
13 マウスの選択範囲がおかしくなった時、試してみた方が良いかもしれないこと | マウス(ハードウェア) 14
14 Windows10 不定期でフリーズ発生トラブル(2019/6/7→6/8)。イベントビューアーで発生個所を特定しようとするも失敗に終わる | フリーズトラブル 2019年(Windows) 13
14 外付けハードディスクを収納可能な安価ラックを探す | 外付けハードディスク(ハードウェア) 13
15 VLC Media Player (現時点で最新バージョン)で、ツールから「エフェクターとフィルター」画面が表示されない | VLC media player(ソフトウェア) 12
2021/4/11 1:02 更新